スーパー雑記ブロガー
思い出

ゴキブリがトラウマレベルで嫌いになったきっかけの話

ゴキブリ嫌いを笑うな

みなさんこんにちは。夏が終わり季節の変わり目に差し掛かった今日この頃、風邪など召されることなくお過ごしですか?

夏と秋の境目のこの季節は、母がよく言っていました

「盆過ぎて ひと雨ごとに 冬になる」

なんで俳句になってんだよと突っ込みたいところですが、真理です。

雨が降り、気温が下がり、過ごしやすい季節になる。しかしみなさん。忘れてはいけません。この季節は奴らにとっても過ごしやすい季節であるという事を。

そうゴキブリです

今日は僕がゴキブリを見つけると、しずかちゃん並みに悲鳴を上げるようになってしまった過去のある事件を、何の得もないけど皆さんに紹介したいと思います

【ゴキブリ嫌い】きっかけになった事件

もともとゴキブリに対しての嫌い度は、普通レベルでした。
発見したからといって、悲鳴上げて逃げ回るほどでもなければ、ほっといても平気というまででもなく

「うおっゴキブリだ!」

ゴキブリをハエ叩きで退治

ぐらいの感じでした。

 

ですが実家にいたある日の事です。
自分の部屋でくつろいでいるとカーテンの陰にゴキブリを発見し、殺すためにいつものようにハエ叩きを納戸から取って部屋に戻りました。
部屋を離れている間にカーテンから別の場所に移動したらしく、見当たりません。

「どこいった?」

とカーテンそばのベッドの裏やじゅうたんの隙間を探しましたが、見当たりません。

5分ほど探した時です。
視界の端に何かが動いたのが見えました。

奴を発見できました。しかし・・・奴は・・・

僕のベッドの布団の中から出てきたのです。

ゴキブリが出てきたベッド

分かります?その時の俺の絶望とショック。
それまで考えたことがなかっただけで、夜行性のアイツらは僕が寝ている間に布団の中や顔の上を、這いずり回っていることも決してゼロじゃないんです。

当然そいつは殺しましたが、その日から僕は気付かないうちに布団の中や服の中に寝てる間に入ってきている可能性が頭から離れなくなったのです

スポンサーリンク

【ゴキブリ嫌い】僕のゴキブリ嫌い度

その後、実家を出て一人暮らしをする時も不動産屋に条件として

  • 「予算」
  • 「場所」
  • 「広さ」
  • 「ゴキブリが出ないところ」

を必ず伝えました。もれなく「は?」ってされたけど。

「それがなにか?」で返したけど。

1件目

マンション
3階建てのマンションの3階。築20年くらい。古くて狭かったけど3階の部屋だったのでゴキブリは一切出なかった。大満足だった。

2件目

古いアパート

2階建てのアパート。築30年くらい。古くて広かったけどゴキブリは2年は出なかったが、3年目に超巨大なゴキブリにエンカウント。

 

 

マジでその日のうちに引っ越しを決めました。夜逃げを疑われるほどのスピードで。

3件目

綺麗な新築アパート

そんな流れで住み始めた新築の2階建てのアパート。今住んでいるアパートです。現在のところ、無事です。

【ゴキブリ嫌い】ゴキブリが僕にくれたもの

もともとそんなにきれい好きじゃなかったんですが、ゴキブリに会いたくないがために清潔にするようになりました。一軒家ならともかく、集合住宅だと自分がいくらゴキブリ対策しても無駄に終わることも多いです。なんつったって壁一枚となりが汚部屋だったら、こっちにも来るしね。

でもせめてと思い、生ごみは必ず毎日密封できる袋に入れて捨てています。泊まりの用事があるときは出発前に家中のごみを捨てます。

このアパートも新築の状態から二年経ちました。決して油断できません。ひとつ前のアパートの時のように、出没したらすぐに引っ越せるようにお金稼ごうと思います。

【ゴキブリ嫌い】終わりに

もしもこのアパートでもゴキブリが出たら、引っ越しまで寝られなくなるのは目に見えています。

だからいざ出たら部屋の中でテント張って寝ようと決めています。チャックでしっかり密封できるしね。畳一枚のスペースあれば張れるし。
テント

え?リツイート?
あなたはだんだん下のボタン↓からシェアしたくな~~~る~~~~