手紙「花粉より」

え?リツイート?あなたはだんだんシェアしたくな~~る~

拝啓

皆さんこんにちは

今年も僕たちの季節がやってきました

毎朝、テレビをつけるとニュース番組では僕たちが今日どのぐらい現れるか、報道してくれてますね!

なんだかスターになったみたいで気恥ずかしい気持ちですよぉ!

・・・でも。

今回初めて皆さんに向けて手紙を書いたのは、1つ分かっておいてほしいことがあるからです

僕たちが活発に活動するこの季節は、皆さんの多くの人を苦しめることになっている事は、重々承知しています

花粉症と言うやつですね

でも僕たちは花粉症の人たちを苦しめるためにいるのではありません

僕たちを守るために寒い冬を乗り越えてくれた、たくましいお父さんから巣立って、好きな女の子の元を目指して飛んでいるだけなんです

言うなれば本能です

あなたたちが暑い日に汗をかくように、僕たちは春が来るとお父さんの元を巣立って好きな女の子たちの元を目指して飛んでいるだけなんです

僕たちにとってはドキドキワクワクの、初めての巣立ちなんです

でも

僕たちはあなたたちにとっては苦しみでしかないんですね

番組で放送される僕たちのニュースでは、「花粉注意報」「花粉警報」と言う言葉があると最近知りました

ショックでした

僕たちは好きな女の子の元にまだたどり着いていない、例えるならあなたたちの世界で言うところの「独身男性」です

つまり例えるならこういうことです↓

お天気お姉さん

「いよいよ独身男性の季節がやってきてしまいました。今日はたくさんの条件が重なって、独身男性が大量に飛んできます。皆さん注意してください。特に独身男性アレルギーの方はマスクなどをして独身男性対策をしてください。辛い季節になりますが今日も1日がんばっていきましょう!」

独身男性アレルギーの人

「毎年毎年この季節になると独身男性に困ってます」

コメンテーター

「何とか国の方で独身男性を根絶できないのかね?」

テリー秘湯

「独身男性の元(木)を全部切っちゃえばいいんだよ!それで全部解決でしょお!?」

インタビューを受けた女性

「せーの!独身男性のいない国に行きたーい!」

敬具

この記事を書いた人

この記事を書いた人
たつみそうきち
スーパー雑記ブロガー。激辛と柴犬、秋田犬を愛する30代。だが猫からやたらと愛される。ブラック企業出身。
詳しいプロフィールはこちら
記事にならないつぶやきなどがあるのはこちら

え?リツイート?あなたはだんだんシェアしたくな~~る~

おせちもいいけどフォローもね!

スポンサーリンク