ペヤングもっともっと激辛MAXやきそばを食べた話

この記事は5分で読めますが、人生はあっという間です

みなさんこんにちは。健康的な生活してますか?

僕は副流煙アロマを炊き、

ドライアイス風呂につかり、

ハイボール浣腸を週一でする、

そんな誰にもまねできない

ハイレベルな健康生活を送っています。

今日もインスタント食品をおかずなしで食べました

ざまあみろ

インスタント食品にもいろいろありますが

今日は、国民食と言ってもいいほど

日本に根付いたインスタント食品のひとつ、

ペヤングの新商品

ペヤング もっともっと激辛MAXやきそば

を食べたので

そのレビューを書こうと思ったら意外な発見がいくつかあったので

記事にしました

激辛MAXやきそばってなに?f:id:tatumisoukiti:20171116175509j:plain

ペヤングもっともっと激辛MAXやきそばとは?

以前から発売されているペヤング激辛焼きそばを

さらに辛くしたペヤングの新商品

ペヤング もっともっと激辛MAXやきそば  |  まるか食品株式会社

こちらがその

ペヤング もっともっと激辛MAXやきそばです

f:id:tatumisoukiti:20171111140546j:plain

激辛MAXというだけあって

辛そうな青年の顔がプリントされています。

ご覧くださいこの表情。

f:id:tatumisoukiti:20171111140611j:plain

ペヤングの社員なのかなとか、

歯並びがきれいだなとか、

どうでもいいことも浮かびますが、

この青年がもっとも訴えたいことが

「辛い!」という事であることは明白です。

迫力ありますね。

ペヤングの会社、まるか食品見破ったり!

f:id:tatumisoukiti:20171116175613j:plain

この激辛MAXやきそばを見て

「りんごなんて入ってんのか」とか

「喫食ってなんだ?」とか

f:id:tatumisoukiti:20171111160749j:plain

たとえ答えが分かったところで

「ふーん。」

としか思わないような疑問しか浮かばない僕が、

「おっ」と食いついたのはこれです。↓

f:id:tatumisoukiti:20171111140432j:plain

ペヤングのお客様窓口の連絡先です。

わかりますか?

あれ?分かりませんか?

拡大しましょう。これです。

f:id:tatumisoukiti:20171111155953j:plain

そうです。

お客様窓口の受付時間は、

9:00~17:00平日のみで、

夏季・年末年始は動いてないんです。

素晴らしいですね。

社員の待遇の点をみるとこの会社、

激辛なのは味だけのようです。(うまい!)

このお客様窓口で働く人は

少なくとも休日という点では、

ホワイト企業に勤めている喜びを

感じていることでしょう。

休日朝起きたら会社から

11回も着信が入っているような

ブラック企業にいた僕としては

非常にうらやましい!

「俺なんてもっとひどい状況だぞ!」と思った方は、

こちらの記事をどうぞ。

激辛MAXを 作ってみよう

f:id:tatumisoukiti:20171116175827j:plain

それではまるか食品の社員の休日に

思いをはせながら作っていきましょう

思いがない人は、

なんにも考えないで作ってください

先ほどのパッケージをはがすと

中身はこんな感じです。

f:id:tatumisoukiti:20171111140443j:plain

第一印象と違って色白美人です。

意外なものを発見

f:id:tatumisoukiti:20171116175941j:plain

カップ焼きそばの作り方なんて熟知してるんで

読まないんですが

こうしてじっくり見てみると

世間のクレーム対策もあるのか

「やけどに気を付けて系」の文言がたくさんあります

作り方の説明も丁寧で気遣いが感じられますね

お湯を捨てる湯切り口も昔より大きくて

作りがしっかりしてますよね

f:id:tatumisoukiti:20171111140534j:plain

・・・・・・おや?

f:id:tatumisoukiti:20171116104943p:plain

お湯を注ぐ前はうまくはがれないのか・・・

初めて知ったな。

そういえばこれをはがすのは

いつもお湯を入れて3分経った後だったな

そうか・・・

はがすのはお湯を入れた後なのか・・・

・・・・・・・・・・・・・

f:id:tatumisoukiti:20171112155941g:plain

 オラアァァァッ!!

f:id:tatumisoukiti:20171116105205p:plain

きれいにはがれました

さすがペヤング

そろそろ作ろう

f:id:tatumisoukiti:20171116180443j:plain

説明書に逆らうクレーマー予備軍の僕の行動にも

びくともしないペヤングのたくましさを

感じたところで

やきそばを作りましょう

(。´・ω・)ん?なんだこれ?

f:id:tatumisoukiti:20171111140459j:plain

これです↓

f:id:tatumisoukiti:20171112101712p:plain

2・・・・

なんの数字だ・・・・・・

・・・・・・

f:id:tatumisoukiti:20171112102423p:plain

ペヤングまるか食品

「こちらはフタを作るメーカーさんが刻印した識別番号です。フタにもしも不備があった場合に製造された時期などを特定するためのものです。今、私の手元にサンプルがありますがそちらは番号が1となっております」

だそうです。

スッキリしたので今夜はぐっすり眠れます。

いい加減、作ろう

f:id:tatumisoukiti:20171116180342p:plain

f:id:tatumisoukiti:20171116110150p:plain

やっとお湯を入れました。

画像ではわかりにくいですが

はがしてしまった湯切り口から

湯気が「勝身煙?」ってくらい出ています

f:id:tatumisoukiti:20171111153244j:plain

ソースでふたをしました

いろいろと飛ばしてソースをかけます

f:id:tatumisoukiti:20171116113106j:plain

真っ赤になるのかと思いましたが

普通のペヤング色に見えますね

これがワナです

f:id:tatumisoukiti:20171111153331j:plain

食べ終わりました

味の感想は?

f:id:tatumisoukiti:20171116181848j:plain

うまいです。

そしてかなり辛いです。

一口目を口に入れた瞬間に動機息切れが始まり

頭皮から顔から汗が吹き出しました

f:id:tatumisoukiti:20171117083353j:plain

「まさか・・・これが・・・恋!?」

とでも言わんばかりです

まるで体の中の水分が

ペヤングを異物と判断して

体の外に逃げようとしているかのようです

それでも辛いものを食べたら

だれでもなる出来事が

もれなく僕にも襲い掛かっただけにすぎません

でもひとつだけ初体験がありました

耳の中が急激にかゆくなったのです

「うおおおおお!かいいいいい!」

あまりの痒さに耳かきが欲しくなりました

そして目の前にあったので

耳の中をがりがりしました

昔、耳かきのし過ぎで耳の中をケガするという

被害者と加害者が同一人物現象を経験したことがあるので

ほどほどにします

おそらく汗のかき過ぎと良くなった血流のせいだとおもいます

総合評価

f:id:tatumisoukiti:20171116182113p:plain

今回食べたペヤング もっともっと激辛MAXやきそば

かいた汗の量を伝えようと思い、

A4で汗を吸い取ってみました

f:id:tatumisoukiti:20171111153229j:plain

どうでしょう

口紅がついてるように見えますが

これはペヤングもっともっと激辛MAXやきそばの

辛いソースです

これが黒い蝶に見えた人は

心理学上、カウンセリングを受けたほうがいいと思います

f:id:tatumisoukiti:20171111153239p:plain

食べるまでにかかった時間です

思ったよりも時間がかかりました

もしラーメンだったら最後の方は麺が伸びていたでしょう

最後に

f:id:tatumisoukiti:20171117141509j:plain

というわけで記事の半分以上が味ではなく

パッケージなどの

その他の情報満載でしたが

いかがでしたでしょうか?

辛いものが大好きな僕なので

「無性に辛いものが食べたい!」

そう思った時に

辛さレベルの満足度は

十分満たしていると思います

10年後に「今まで食べたことのある辛い食べ物を言え」

と言われたら思い出せるくらい辛かったです

保存も効くし大量買いしてもいいかもしれません

「まあまあ面白かったぞ」と思ってもらえたら
こちらの記事もどうぞ。僕の身に起きた実話です↓

真面目系の記事も書いてます↓

この記事が気に入ったらきっとこれも好き

  1. 日清ラ王25周年記念・夏のラ王~コク辛~を食べてみた

PAGE TOP