警察に指紋を取られた!~車を盗まれた話その3~全4話

この記事は6分で読めます。メンタリストDaigoなら4秒です。

 

こんちは!野菜一日これ一本を飲めば豚骨ラーメン食べてもリセットされると疑わない男、たつみそうきち@tatumisoukitiです。

今日は予告通り、昨日の記事↓の続きを書いていきたいと思います。

最初から読む人はこちらへ↓

突然の知らせ

自動車保険から下りた保険金でてきとーな中古車を買い、車が盗まれてから半年ほどたった時のことです。

休日をベッドの上でパンツ一丁でニートのようにダラダラと過ごしながら世界平和を願っていたら、突然知らない番号から電話がかかってきました。かけてきたのは隣の県の、ある市の警察署の警官でした。車の盗難のことでやり取りのあった僕が住んでいる市の警察ではなかったので、俺は車の盗難にかかわる電話だとは思わず、中学のころボロい本屋で万引きを疑われて事務所まで連れていかれたことがある俺は、「身に覚えのない容疑をかけられてたらどうしよう」などと本当に焦りました。

車が見つかった!

f:id:tatumisoukiti:20170608213157p:plain

警官「たつみさんでしょうか?〇〇警察の山田(仮名)です。以前盗難に遭ったたつみさんの車が見つかりました。」

俺「どこで見つかったんですか!?」

警官「市内でわが署の署員がスピード違反の取り締まりのための活動をしていたところ、(いわゆるネズミ捕り。道で警官がスピードガンで走ってる車のスピードを測って違反者を捕まえる)違反車を取り締まったら、それがたつみさんの車でした。」

俺「まじっすか!アホですね運転してた奴!」

現場の警官は盗難車とはもちろん知らないので、ただのスピード違反として車を止めるように指示しました。運転していたのは外国人。外国人は「やべぇよ・・・パクられちゃうよ・・・ジーザス・・・」と思ったのでしょう。まさかスピード違反で捕まるとは思ってなかったようで、対策は皆無。奴らにできたのは止まった車から降りてダッシュで走って逃げることだけだったのです。もちろん現場の警官は逃がすわけがありません。さすが普段から鍛えてるだけあってバイクや車を使うこともなく、走ってあっさりと捕まえたそうです。

今から車で数時間かかる警察署に来い?

f:id:tatumisoukiti:20170608210726p:plain

これで無事に車も戻ったし、犯人も捕まったし良かった良かった。と思ったらそれで終わりじゃありませんでした。

警官「盗難車の実況見分を行いたいので署まで来てくれませんか」

俺「!?」

警官「今から」

俺「!??」

警察によるとどうやら運転していた外国人は盗難の実行犯とは別で、盗難犯から車を買っただけの人物だそうです。そのため、車から盗難犯の情報を集めるので、被害者である俺の前で実況見分をする必要があるそうです。電話が来たその日は僕の休日でした。部屋でゴロゴロしてるだけの日でしたが、電話が来た時点ですでにお昼を回っており、今から隣の県まで行くのはなかなか骨が折れます。

俺「来週の僕の休日じゃだめですか?」

警官「それでは運転してた犯人の拘留期間が切れてしまいます」

俺「そんなにすぐに切れるんですか?今日捕まえたんですよね?」

警官「いえ四日前です」

俺「・・・・・・・・・・・」

じゃあ四日前に電話くれよと思いましたが、捕まえてくれた人に文句言うと公務執行妨害で座敷牢に入れられそうだったので、買って間もない中古車ではるばる隣の県まで行く事になりました。

可哀そうな車プリウス

f:id:tatumisoukiti:20170608212017p:plain

高速道路を使って数時間かけてたどり着いた警察では電話をかけてきた山田さんに「ずいぶん早く着きましたね」と言われました。暗に「スピード違反して飛ばして来たんでしょ?」と言われてる気がしましたが、気のせいでしょう。

案内されるがままに警察署内を歩くと、半地下のような場所に半年前に駐車場から消えてなくなったプリウスが、汚れた姿で止まっていました。

f:id:tatumisoukiti:20171124194214j:plain

※その時のマジの写真です。

近くで見てみるとフロントガラスもボディーも車内も、目も当てられないほど傷だらけでした。しょっちゅう洗車するほど大事にしてたわけじゃないけど、こうも傷だらけだといじめられて泣いて帰ってきた息子を見ている父親のような気分になり、胸が締め付けられました。ちなみに当時も今も独身です。

車内にとんでもないものが。

盗まれた当時に車内に残してあった俺の私物はほぼ残っておらず、代わりにこれが大量に載ってました。

f:id:tatumisoukiti:20170608200013p:plain

これなんだかわかりますか?鎖も切断できるボルトカッターという工具です。これがひとつではなく、いくつもあったんです。数にして10個はあったと思います。こんなものを大量に車に積んで運転してた外国人が「ワタシたーちは、車を買っただけデース」って言ってるんですから笑っちゃいます。くそが。

よく見てみるとなくなっているナンバープレートの位置に本来ついていたナンバーの跡が、はっきりと残っていました。スピード違反で捕まえた時には全く別のナンバープレートがつけられていたそうです。(もちろんそのナンバーは別の誰かから盗まれて、さらにナンバーを偽造されたもの)実況見分は車内に残っていたモノすべてをブルーシートに出して

「これはあなたのですか?」

「ちがいます」

「これはどうですか?」

「ちがいます」

「これは?」

「CHIガゐmouth」

と気の遠くなるようなこんなやり取りを繰り返す作業を、なんと4時間行いました。空き缶やティッシュなど、どう見てもゴミにしか見えないものもすべて確認しました。

車に乗っていたものはすべて確認を終えた時に山田さんが言いました。

山田警官「たつみさんの指紋とDNAを取らせてください」

俺「へ!?DNA?」

f:id:tatumisoukiti:20170608212416p:plain

DNAが欲しいだなんて、言ってくる相手がかわいい女の子なら、こんなに鼻血の出るセリフはありません。ですがそれを言ってるのは40オーバーのおじさんです。屁くらいしか出ません。山田さんによると、あくまで運転していた外国人は盗難の実行犯とは別なので、車から得られるすべての情報から犯人の情報を割り出す必要があるため、車に残ってるであろう俺の指紋とDNAは引き算する必要があるそうです。 口の中の粘膜をこすり取り、指紋をインクで写し取りました。これで僕がいつ身元不明の遺体になっても無事に家族のもとに帰ることができます。ちなみに今日も独身です。

こんな目に遭ったから言います。盗難に遭ってもお金が下りない保険のままの人も多いようです。見直しておいて本当によかったです。

価格.com自動車保険 比較・見積もり

次回予告

「二度と車を盗まれてたまるか!帰ってきた車の行方は?え?車を盗んだ実行犯が?」の巻

スマートフォンで簡単管理できるDIYホームセキュリティMivaTek

書きました↓

この話を最初から読みたい人はこちらをどうぞ↓

この記事が気に入ったらきっとこれも好き

  1. 子供時代は足が早いとヒーロー遅いとクズ扱いだった話~前半~

  2. 犬は撫でるためにいる!そしてみそ汁の具は食べるためにある!!

  3. 車を盗まれた?!~車を盗まれた話その1~全4話

  4. 保険金は下りるのか?~車を盗まれた話その2~全4話

  5. 犯人が捕まった!!~車を盗まれた話その4~全4話

  6. 子供時代は足が早いとヒーロー遅いとクズ扱いだった話~後半~

PAGE TOP